ネイル業界トピックス/ 黒崎えり子ネイルスクール(新宿・名古屋・大阪梅田・横浜)

ネイルサロンはオフのみでも利用可能?気になる疑問を徹底解説! - 黒崎えり子ネイルスクール(新宿・名古屋・大阪梅田・横浜)

ネイルサロンはオフのみでも利用可能?気になる疑問を徹底解説!

ジェルネイルのオフには専用の溶剤などが必要です。溶剤などの道具を持っていて、かつ正しいオフの方法を知っているのであれば自宅でオフしても問題ありませんが、不器用な方やセルフオフが面倒な方はネイルサロンでオフしたいと考えることもあるでしょう。
しかし、ネイルサロンと聞くと“新しいネイルを施してもらうところ”というイメージが強いため、ネイルオフしたいもののそれだけでネイルサロンへ行ってもよいのか悩んでしまいます。

そこで今回は、ジェルネイルを自分でオフするメリット・デメリット、ネイルサロンを利用するメリット・デメリットに加えて、付け替えオフ・自店オフ・他店オフの違いなどをご紹介します。

まずはチェック!ジェルネイルを自分でオフするメリット・デメリット

「オフのみ対応してもらえるのかわからない」という理由により、自分でジェルネイルをオフしようかと考えている方もいるのではないでしょうか。
ジェルネイルは、マニキュアを落とす際に使用する除光液ではオフできないので、専用の溶剤などが必要になります。そのため、専用溶剤などを自身で用意できるのであれば自宅でオフしても問題ありません。

自分でジェルネイルをオフする前に、まずはメリット・デメリットをチェックしましょう。

メリット

費用や来店の手間がかからず、いつでも好きなタイミングでできるのが自分でオフするメリットです。
最初はリムーバーや用具の準備で費用はかかりますが、一度揃えてしまえば毎回費用がかかるということはありません。仕事が休みの日や子どもが寝静まったあとなど、自分の都合に合わせてオフすることができます。また、「急にネイルを落とさないといけなくなった」という場合でも、ネイルサロンが開いていない時間であろうとオフできるのは大きなメリットといえます。

デメリット

自分でオフするデメリットには、やり方や手順が正しくなければ自爪に負担がかかってしまうという点が挙げられます。ジェルネイルと自爪の境目を正しく区別できていない方も多く、ジェルネイルを削っているつもりが自爪を削っていたという方も少なくありません。そうなると、自爪が薄く弱くなっていきボロボロなってしまいます。ひどい場合は爪周辺の肌が荒れてしまい、自爪や肌のトラブルを引き起こす原因になることもあるのです。
また、オフ代を節約するために自分でオフをしてネイルサロンに行った場合、しっかり落としたつもりがきれいに落とせていなかったということもあります。この場合、ジェルネイルが残っている指の本数分だけオフ代がかかってしまうことがある点には注意しましょう。

気になる疑問!ネイルサロンはオフのみでも利用してもよい?

気になる疑問!ネイルサロンはオフのみでも利用してもよい?

ネイルオフだけでネイルサロンへ行ってもよいのか悩む方もいるでしょう。結論からいうと、オフだけでネイルサロンへ行っても問題ありません。むしろオフこそネイルサロンへ行くべきといえるでしょう。

多くのネイルサロンでは、「オフのみ」のメニューを用意しています。予約の際は「付け替えではなくオフのみ」ということを伝えるとスムーズです。
ただし、なかにはオフのみに対応していないネイルサロンもあるので、あらかじめチェックしておきましょう。ネイルサロンでオフするメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

ネイルサロンでオフするメリットには、自爪への負担を最小限に抑えることができるという点が挙げられます。
自分でオフする場合、無理に剥がそうとして自爪に負担をかけてしまうことがあります。
その点、ネイルサロンでは知識と技術が豊富なプロが専用のリムーバーや用具を使って丁寧にオフします。プロにやってもらうことで自爪への負担を軽減できるだけでなく、肌への影響も防ぐことが可能です。

デメリット

ネイルサロンでオフするデメリットには、費用と来店の手間がかかるという点が挙げられます。なかにはオフだけのために時間を割くのは面倒という方もいるでしょう。また、「オフのみ」の予約には対応していないネイルサロンもあるため、事前確認が必要な点もデメリットのひとつといえます。

ネイルサロンの「オフ」と「付け替えオフ」の違いとは?

ネイルサロンには「オフ」と「付け替えオフ」があり、どちらを選べばよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
オフと付け替えオフでは施術内容や施術時間が異なるため、予約時に間違えてしまわないためにもその違いについて知っておきましょう。

「オフ」は、ジェルネイルを落として自爪の状態に戻すことをいいます。つまり、新たなネイルは施さず、ネイルを落とすだけの施術です。ジェルネイルをお休みして自爪に戻したい場合はオフを選びましょう。

一方「付け替えオフ」は、現在のネイルを落として自爪の状態に戻してから新しいネイルを施すことを指します。新しいジェルネイルを楽しみたい場合は、付け替えオフを選びましょう。付け替えオフでは、オフ料金が割安になっていることも多いため、お得な価格でネイルを付け替えることができます。
また、同じ付け替えオフでもジェルネイルをすべてオフせず、ベースのクリアジェルだけを残してその上からジェルネイルを塗る「フィルイン(一層残し)」などの方法もあります。できるだけ自爪に負担をかけたくないという場合は、付け替えでフィルインができるかどうか、ネイルサロンに確認するとよいでしょう。

ネイルサロンの「自店オフ」と「他店オフ」の違いとは?

ネイルサロンの「自店オフ」と「他店オフ」の違いとは?

一言で「オフ」といっても、「自店オフ」「他店オフ」があります。その違いについて押さえておきましょう。

「自店オフ」とは、ネイルを施したサロンでオフをすることです。たとえば、Aサロンでジェルネイルをして同じAサロンでオフする場合は、「自店オフ」といいます。ずっと同じサロンを利用しているなら、自店オフになるわけです。
サロンとしては、使用したジェルの種類などを把握しているため、オフがしやすく施術もスピーディーになります。
また、自店オフは一緒に付け替えをすることでオフ代が無料になったり、割安になったりするサロンが多いようです。

一方「他店オフ」とは、別のサロンで施したネイルをオフすることです。たとえば、Aサロンで施したネイルをBサロンでオフする場合は「他店オフ」といいます。使用しているジェルの種類がわからないため、施術時間が長引く可能性があることを覚えておきましょう。
また、自店オフと比較するとオフ代が割高になるサロンが多くなっています。

同じオフでも自店オフか他店オフかによって料金や施術時間が異なるので、予約の際は確認しておきましょう。

知識として覚えておこう!ジェルの種類で異なるオフのやり方

ジェルネイルには「ソフトジェル」と「ハードジェル」の2種類があります。ジェルの種類によってオフの方法が異なりますが、見た目ではどちらのジェルを使用しているかわかりません。セルフオフや他店オフを考えているなら、あらかじめどちらのジェルを使用しているのかを聞いておくとよいでしょう。
ソフトジェルとハードジェルのオフのやり方は以下の通りです。

ソフトジェルのオフのやり方

柔軟性があり爪にフィットしやすい「ソフトジェル」は、アセトン(オフ用溶剤)で溶けるジェルです。そのため、アセトンでジェルを柔らかくしてから落としていきます。
ソフトジェルを落とす場合は、あらかじめアルミホイルとコットンを小さくカットしておきましょう。ファイルで表面のカラージェルだけを軽く削り、カットしたコットンにリムーバー(アセトン)をたっぷりと染み込ませて爪の上に置いたら、その上からアルミホイルを巻いて10〜15分ほど馴染ませます。
その後、アルミホイルとコットンを取り外してジェルが柔らかくなっていれば、ウッドスティックなどを使って丁寧にジェルを取り除きます。無理にジェルを取ると自爪が傷んでしまうため、取り除くのが難しい箇所があれば再度コットンを爪に置いてアルミホイルを巻きましょう。ジェルをきれいに取り除けたら、目の細かいファイルで表面を整えます。これで、ソフトジェルのオフは完了です。

ハードジェルのオフのやり方

強度の高い「ハードジェル」は、アセトン(オフ用溶剤)では溶けないジェルです。基本的にファイルやマシーンで削ってオフしますが、フォームやチップで長さだしをしている場合は、アクリルニッパーである程度カットしてオフを行います。

まずはファイルで爪の長さを整えて、表面のジェルを削っていきます。その際、削りすぎてしまうと自爪が傷つくため慎重に行いましょう。表面のジェルをファイルで削ったら、バッファーに切り替えて削ります。ベースのジェルまで削れたら、ハードジェルのオフは完了です。

なお、ハードジェルは自爪とジェルの見分けがつきにくく、誤って自爪まで削ってしまう可能性があります。自爪を傷めてしまわないためにも、ネイルサロンでオフするのがおすすめです。

>>>併せて読みたい!ハードジェルネイルって何?押さえておきたいメリット・デメリット
>>>併せて読みたい!初心者でも使いやすいソフトジェルネイルのメリット・デメリットとは
>>>併せて読みたい!ソフトジェルネイルのオフはセルフでも可能!必要な道具と手順をご紹介

まとめ

ネイルサロンはオフのみでも利用できます。多くのネイルサロンで「オフのみ」のメニューを用意しているため、付け替えを希望せずオフだけしたいという方も利用が可能です。
ジェルネイルのオフは自宅でも行えるため、「自分でオフしよう」と考えている方もいることでしょう。
しかし、ジェルネイルのオフには知識と技術、専用溶剤などが必要です。この3つのいずれかひとつでも欠けていると、ジェルネイルを無理に剥がすことになってしまい、自爪を傷めてしまう可能性があります。
自爪への負担を軽減するためにもネイルサロンでのオフがおすすめです。ネイルサロンを利用する際は、オフのみなのか、付け替えを希望しているのかに合わせてメニューを選択しましょう。
また、同じオフでも「自店オフ」と「他店オフ」によって料金や施術時間が変わることがあります。この点も予約時にしっかりと伝えておくことが大切です。

本気でネイリストを目指すなら!黒崎えり子ネイルスクールdouble_arrow

黒崎えり子ネイルスクール 名古屋校・大阪梅田校・横浜校

黒崎えり子ネイルスクール 名古屋校・大阪梅田校・横浜校

黒崎えり子ネイルスクール 名古屋校・大阪梅田校・横浜校

期間:10/16(日)まで

\ 全国6校舎で展開中!! /

黒崎えり子ネイルスクール

kurosaki eriko NAIL SCHOOL

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ