ネイル業界トピックス/ ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイリストの平均給料はいくら?お金にまつわることを徹底解説!

ネイリストの平均給料はいくら?お金にまつわることを徹底解説!

「ネイリストは給料が低い」という言葉を見聞きしたことがある方は多いのではないでしょうか。これにより、将来に不安を覚えネイリストを目指すのを諦める方も少なくないのです。ネイリストは働き方やネイルサロン、頑張り次第で高収入が期待できる職業です。そのため、給料が低いという言葉を鵜呑みにして諦めるのはもったいないといえるでしょう。

そこで今回は正社員として働く場合の平均給料をはじめ、アルバイト・店長・独立などのパターン別の給料事情、独立開業に必要なものなどをご紹介します。ぜひ、ご参考にしてください。

ネイリストで正社員として働く場合の平均給料は約300万円

プロを目指す方のなかには「給料が低いのでは?」と不安に感じる方もいますが、ネイリストの平均給料は約300万円です。月収に換算すると約25万円になり、手取りだと保険料などを差し引いて約20〜23万円になります。一般企業に勤めるよりもやや低くなりますが、ネイリストの給料は決して低すぎるわけではありません。頑張り次第でキャリアアップが可能なので、一般企業に勤めるよりもネイリストのほうが高収入を期待できる可能性もあります。

ただし、ネイリストとしてデビューしてすぐにこの金額の給料がもらえるわけではなく、初任給は18万円前後のところが多いようです。手取りにすると約13〜15万円なので、最初は「給料が低い」と感じることもあるでしょう。とはいえ、この数字はあくまでも平均です。地域や店舗によって給料は異なるので、参考程度に留めておくとよいでしょう。

歩合やボーナスの事情

ネイルサロンの給料システムは、以下の3つに大別できます。

給料システム 特徴
固定給制 毎月決まった金額が給料として支払われます。
完全歩合制 売り上げに応じて給料が変動します。
一部歩合制 固定給+歩合給を組み合わせた給料システムです。成績や売上などに応じて固定給にプラスして歩合給が加算されます。

ネイルサロンによって給料システムが異なるので、働く際はあらかじめ確認しておくことが大切です。

このほか、ネイルサロンによってボーナスの有無も異なります。ボーナスがあるネイルサロンのほうが少ないといわれていますが、大手だと年間約60万円支給しているサロンもあるようです。

残業代はでるの?

ネイリストは常に技術を磨いていかなければなりません。そのため、開店前や閉店後に勉強することも少なくないでしょう。この場合は自主学習となり、残業代が出るところと出ないところがあるのでネイルサロンに確認をとる必要があります。

一方で、ネイルサロン側から講習会の受講を求めてきた場合は残業代が出るところが多いようです。残業代が出るネイルサロンの場合は給料にプラスして支給されるので、より高収入を期待することができます。

アルバイト・店長・独立などパターン別の給料事情

アルバイト・店長・独立などパターン別の給料事情

正社員としてではなく、アルバイトや店長、独立して働く場合どのくらいの給料がもらえるのでしょうか。

アルバイトで働く場合

アルバイトで働く場合は、時給800〜1,500円が一般的です。地域によって給料の差が大きく、都心部だと1,000円以上のところは珍しくありません。しかし、地方では時給800円や最低賃金のところもあり、そもそもネイリストのアルバイト募集が少ないこともあります。アルバイトだと給料面で厳しい部分はありますが、現場経験を積めるので早いスキルアップが期待できます。

店長の場合

ネイルサロンの店長として働く場合は、ボーナスも含めて年収約400〜500万円で月収だと約30〜40万円です。正社員に比べると店長のほうが給料は高く、歩合制であればさらに高収入を期待することができるでしょう。ただし、自身の店舗の売上がよくても系列店の売上が悪い場合は収入が減ってしまうこともあります。

自宅などで独立した場合

自宅などで独立した場合は、売上がそのまま収入になります。そのため、人気店になれば年収1,000万円以上の収入を得ることも可能です。ただし、「売上=すべて自身の収入」になるわけではありません。

たとえば、自宅で開業する場合は別途家賃代がかかりませんが、広告費やネイルの道具・設備代などの費用が発生します。これらは売上から支払っていく必要があるので、軌道に乗るまでは収入がほとんどないということもゼロではありません。こうした点から、「独立開業した場合の年収はいくら」というのは一概にはいえませんが、人気店になれば高収入を期待することができます。

ネイルサロンのオーナーになった場合

ネイルサロンのオーナーになった場合は、店舗数によって収入が異なります。たとえば、1店舗あたりの月の売上が300万円だったとして2店舗経営しているのであれば、総売上は600万円です。5店舗経営しているのであれば総売上が1,500万円になります。

ただし、前述したように売上がすべて自身の収入にはならないので、そこから経費や人件費を支払っていかなければなりません。それらをすべて差し引いた金額が、自身の収入になります。そのため、ネイルサロンのオーナーになった場合も「年収はいくら」というのは一概にはいえないのです。

ネイリストとして独立開業する際に必要なもの

ネイリストとして独立開業するには、まず開業先を決めなければなりません。開業先は、主に「自宅」「店舗」のどちらかになるので、自分の望む場所を選択するとよいでしょう。

また、開業するにあたり費用も調達しておく必要があります。自宅開業の場合は、初期費用としてリフォーム代や広告費、ネイルの道具・設備代で約20〜50万円必要です。一方で、店舗を利用する場合は物件取得費や広告費、ネイルの道具・設備代で約150〜200万円かかります。

このほか、開業する際はネイリストの資格は不要ではありますが、お客さまからの信頼を得るためにも取得しておくようにしましょう。さらに、開業する前に「開業届」の提出も必要です。この開業届は事業開始から1ヶ月以内に税務署に提出しなければなりません。くわえて、独立開業する場合は確定申告が必要になるので、青色申告もするようにしましょう。

このように、ネイリストとして独立開業するにはさまざまなことが必要になるので、忘れず行うことが大切です。

キャリアアップでネイリスト認定講師になった場合の給料は?

ネイリスト認定講師になるには、ネイリスト技能検定1級以上の資格を取得していなければなりません。そのため、一般的なネイリストに比べて給料が高い傾向にあります。

JNA認定講師の資格を持っていない場合の給料は、月収約20万円でアルバイトであれば時給1,200円前後です。

一方で、JNA認定講師の資格を持っている場合の給料は、月収約25~40万円でアルバイトであれば時給1,500~3,500円となります。くわえて、コンテストに受賞したりほかの資格もたくさん取得していたりする場合はさらに給料がアップするので、高収入が期待できます。

業務委託として働く場合の収入

業務委託として働く場合の収入

ネイリストは、「業務委託」として働くこともできます。業務委託とは、ネイルサロンの帰属ネイリストとして働くスタイルであり、いわゆるフリーランスになります。ネイルサロンと契約を結んで働くので、売上がすべて自身の収入になるわけではありません。受け取ることができる金額はネイルサロンによって異なりますが、売上の50%というように決めているところが多いようです。そのため、業務委託も収入がいくらになるのかは一概にはいえませんが、頑張り次第で高収入が期待することができます。

まとめ

ネイリストの給料水準は一般企業に勤めるよりも低いので、プロを目指す方のなかには不安に感じる方もいるでしょう。しかし、ネイリストはさまざまなスタイルで働くことができ、かつ頑張り次第で高収入を得ることができる職業です。そのため、自分に合った働き方を見つけてぜひプロのネイリストを目指してみてください。

\ 全国6校舎で展開中!! /

黒崎えり子ネイルスクール

kurosaki eriko NAIL SCHOOL

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ