ネイル業界トピックス/ ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイル検定は独学で何級まで取れる?資格取得に必要な期間と勉強法

ネイル検定は独学で何級まで取れる?資格取得に必要な期間と勉強法

ネイル検定は3段階に分かれており、真っ先に取得すべき資格が「3級」です。ネイル検定3級を取得するには筆記と実技の両方をクリアする必要があり、難易度は高くありません。そのため、勉強次第で取得することが可能です。ただし、ネイル検定2級・1級は独学では取得が難しくなっているので、ネイルスクールに通うことを検討するとよいでしょう。

今回は、ネイル検定を独学で取得するのが難しい理由をはじめ、独学での取得方法や検定に必要な道具をご紹介します。「ネイル検定の資格を取得したい」と考えている方は、ぜひご参考ください。

ネイル検定を独学で取得するのはなぜ難しい?

ネイル検定は、「独学での取得が難しい」といわれています。もちろん、独学で取得する方もいますが、なぜ難しいといわれているのでしょうか。

ネイル検定を独学で取得するのが難しいといわれている理由が「技術が伴っていない」です。そもそもネイル検定には3級・2級・1級があり、資格を取得するにはそれぞれ筆記と実技をクリアしなければなりません。筆記はテキストで学習することができますが、実技は難しいもの。仮に、間違った方法でネイルを施しても指摘されることがないので、間違いに気づきづらいといえるでしょう。そのため、ネイル検定の実技で不合格になりやすいのです。

ネイリストを目指す方が最初に取得すべき資格は3級です。というのも、ネイル検定は飛び級ができず、3級・2級・1級と順番よく取得しなければいけないからです。このネイル検定3級は、ネイリストとしての基本的な知識・技術を習得しているかをはかるものになるので、難易度は高くありません。そのため、3級は頑張り次第で取得することができる資格です。

独学でネイル検定3級を取得する方法

以下では、ネイル検定3級の実技試験内容と勉強時間・取得する方法をご紹介します。

ネイル検定3級の実技試験内容

ネイル検定3級の実技試験は、「テーブルセッティング」に加えて「ネイルケア」「カラーリング」「ネイルアート」の3つです。

ネイルケアでは10本の指の手指消毒からはじめ、ポリッシュオフやファイリング、クリーンナップを行います。次に、ネイルケアでは10本の指すべてに赤のポリッシュを塗布。ネイルアートでは、テーマに沿ったアートを右手中指に施さなければなりません。テーマは試験によって異なる場合がありますが、ベーシックなアートである「フラワー」が出題されることがほとんどです。

なお、制限時間は70分となっており、時間内にすべての工程を終えなければなりません。

ネイル検定3級の勉強期間と方法

ネイル検定3級の勉強期間は、3ヶ月程度です。プロのネイリストもすでにある程度の知識を身につけているとはいえ、試験に出題される内容を勉強しないといけないこともあります。そのため、同等の勉強時間が必要になるでしょう。

ネイル検定3級の勉強方法は、第一に爪に関する知識を身につけることです。爪の部位や名称、カットの方法などを覚えるようにしましょう。また、実技試験のためにネイルケアやアートの練習も必要です。

ネイル検定2級・1級を独学で取得する方法

ネイル検定2級・1級を独学で取得する方法

では、独学での取得が難しいといわれているネイル検定2級・1級はどのように勉強していけばよいのでしょうか。

独学で2級を取得する方法

2級の試験内容や独学での勉強方法・期間と注意点は以下のとおりです。

試験内容

ネイル検定2級の筆記試験は35分間の時間制限が設けられており、100点満点中80点以上が合格ラインです。筆記試験に出題される内容は3級よりも範囲が広くなり、ネイルの歴史やリペアに関することなども出てきます。

実技試験は前半35分、1分間のインターバルを挟んで後半55分となっています。試験内容は3級の実技に加えて、左手薬指にチップ&ラップも行わなければなりません。また、3級と同様にアクリル絵の具を使ったネイルアートも出題されますが、テーマは試験によって変更されます。

ネイル検定2級の勉強方法・期間と注意点

ネイル検定2級の勉強方法は、実技を中心に練習を積み重ねていくことです。というのも、ネイル検定2級はサロンワークで通じる知識・技術を会得していることを証明する資格であり、実技の難易度がグンと高くなってしまうからです。ネイル検定3級と同じくらいの学習量では足りなくなってしまうため、勉強期間は6ヶ月程度を目安にするとよいでしょう。

ネイル検定2級の注意点は、「仕上がりと工程が厳しくチェックされること」です。たとえば、道具を正しく使用できているか、プッシュアップが適切に行えているかなどをより細かくチェックされるようになります。とくに独学の方はテーブルセッティングの時点でおぼつかず、違和感があるため目につきやすいそう。そのため、減点されないよう実技を重点的に学習を進めることが大切です。

独学で1級を取得する方法

1級の試験内容や独学での勉強方法・期間と注意点は以下のとおりです。

試験内容

ネイル検定1級の筆記試験は40分間の時間制限が設けられており、100点満点中80点以上が合格ラインです。「ネイリスト技能検定試験 公式問題集」から100問出題され、マークシート形式になっているものの、難易度の高い問題が出てきます。

実技試験は150分間になっており、「スカルプチュアネイル」「チップ&オーバーレイ」「ネイルアート」の総合的な技能が求められます。施す指が試験によって変わるため、「どの指に何をしなければならないのか」を確認しておくようにしましょう。

ネイル検定1級の勉強方法・期間と注意点

ネイル検定1級の勉強方法は、2級と同様に実技を中心に練習を積み重ねていくことです。ネイル検定1級は、トップレベルのネイリストということを証明する資格になります。そのため、スカルプの装着やアート面を重点的に学習を進めるとよいでしょう。勉強期間は1年程度と長く、プロのネイリストですら1回で合格するのは難しいといわれています。独学の場合はさらに勉強期間が必要になることもあるので、取得を目指している方は早めに勉強に取り組むようにしましょう。

ネイル検定1級の注意点は、「事前審査で減点・失格にならないようにすること」です。というのも、ネイル検定1級の実技は難易度が高く、どうしても減点されてしまいがち。事前審査でも減点されてしまうと合格ラインに届かず、落ちてしまう可能性が高まってしまうので減点・失格にならないように注意しましょう。

このほか、「道具」にも気をつけなくてはなりません。ネイル検定2級まで使用可能だった道具が、1級では使用禁止になっているものがいくつかあります。そのため、使用禁止となっている道具をあらかじめ確認しておくようにしましょう。

ネイル検定を受験する際に必要な道具

ネイル検定を受験する際に必要な道具は、以下のとおりです。

・ウェットステリライザー
・ウッドスティック
・キューティクルニッパー
・メタルプッシャー
・キューティクルリムーバー
・フィンガーボール
・トレイ
・ファイル立て
・ピンセット
・容器類

上述した道具以外にも、必要なものはいくつかあります。テーブルセッティングの際に「必要な道具がすべて揃っているか」を確認されるので、必ず準備しておくようにしましょう。また、汚れや錆びついているものは「衛生面での配慮が不足している」と判断され、減点対象となります。そのため、新しい道具を準備してからネイル検定を受けるようにしましょう。

ネイル検定以外のネイリストを目指す方におすすめ資格

ネイル検定以外のネイリストを目指す方におすすめ資格

ネイリストを目指す上で取得しておきたい資格は、ネイル検定だけではありません。ネイルサロンの中心メニューになっているジェルネイルに特化した資格も取得しておくようにしましょう。

ジェルネイル検定

ジェルネイル検定は初級・中級・上級の3段階に分かれています。ネイル検定と同様に飛び級ができないため初級からの取得になり、ジェルネイルの基本的な知識・技術を習得しているかをはかる資格です。そのため、ジェルネイル検定も初級であれば独学で取得することができます。ただし、ネイルサロンで推奨されている資格は中級以上。初級よりも難易度が高くなるので、独学での取得が難しくなります。

まとめ

ネイル検定は独学でも取得することはできるものの、3級以上になると厳しくなります。とくに、実技で不合格になる可能性が高くなってしまうので、セミナーに参加したりスクールに通ったりすることが大切です。「ネイルの資格を取得したい」と考えている方は、必要な知識・技術をスムーズに身につけられるネイルスクールを検討してみてください。

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ