ネイル業界トピックス/ ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ネイル検定3級のアート対策!花の描き方からコツまでご紹介

ネイル検定3級のアート対策!花の描き方からコツまでご紹介

ネイリストを目指す上で取得しておきたい資格に「JNECネイリスト技能検定」があります(以下 ネイル検定)。ネイル検定は3級・2級・1級の3段階に分かれており、まずは3級からの取得になり、難易度は決して高くはありません。ただし、試験には「アート」の実技があるため、知識だけでなく技術も必要になります。

そこで今回は、ネイル検定3級のアート試験の概要をはじめ、よく出題される「フラワー」の描き方とコツをご紹介します。ネイル検定3級に合格するためにも、ぜひご参考ください。

ネイル検定3級のアート試験概要

ネイル検定3級の試験内容に、「アート」の実技があります。制限時間は70分になっており、そのうちアートにかけられる時間は10分程度です。時間配分に気をつけつつ進めなければ時間オーバーとなり、不合格になってしまう可能性があります。また、アートを施す手指の間違いや使用する道具にも決まりがあるため、あらかじめ押さえておかなければなりません。ネイル検定3級に一発で合格するためにも、まずはアート試験について知っておくようにしましょう。

アートを施す指

アートを施す指は、「右手中指」です。好きな指にアートを施してもよいというわけではなく、指定されているため注意しなければなりません。もし、間違った指にアートを施してしまった場合は、失格対象となります。

ネイル検定3級のアート試験手順

ネイル検定3級で行うアートの試験手順は以下のとおりです。

(1)筆とアクリル絵の具を使用し、テーマに沿ったフラットアートを右手中指に施す。
(2)トップコートを塗布し、仕上げをする。

トップコートの塗布をし忘れたり、艶が出ていなかったりする場合は減点になってしまうので、注意しましょう。

試験に必要な道具

フラットアートは、アクリル絵の具を使って筆のみで描いていきます。また、ラメやラインストーンの使用も可能なため、試験会場に持ち込んでも問題ありません。自身の使いやすい筆やラメ、ラインストーンを準備しておくようにしましょう。

おすすめの筆

ネイル検定で人気の筆が「b-r-s ブルーシュ」です。リーズナブルな価格で購入でき、種類も豊富となっているので自身に適した筆が見つかりやすくなっています。たとえば、b-r-s ブルーシュの「#401ラウンド」は細かなアートを施すのに優れており、細い線や小さなドットを描くのに最適です。

「#706 ショートライナー」は、#401ラウンドよりもさらに穂先が細くなっているのが特徴。そのため、より繊細なアートを施したいときに使用するのがおすすめです。また、「#705 ロングライナー」は毛先が長めになっているのが特徴で、使いやすいと多くのネイリストから人気を博しています。ネイル検定3級のアートで出題されるテーマに合わせて使い分けるとよいでしょう。

ネイル検定3級のアート課題!花の描き方とコツ

ネイル検定3級のアート課題!花の描き方とコツ

ネイル検定3級のアートテーマは、主に「フラワー」です。というのも、ネイル検定3級は基本的な知識や技術が身についているかをはかるための試験。なかでも、フラワーはベーシックなアートになるからです。テーマに沿っていれば花の種類は問われないため、自身の描きやすいものを選ぶとよいでしょう。以下では、アート人気が高い「バラ」「ハイビスカス」「ひまわり」の書き方とコツを解説します。

バラ

バラは「難しそう」というイメージを抱く方が多いものの、実はコツさえ掴めば簡単に描ける花になっています。また、華やかな仕上がりになるため、ネイル検定3級でバラを選択する方も少なくありません。

バラの描き方は以下のとおりです。
(1)バラの中心にあたる部分に「勾玉(まがたま)」のような模様を2つ描きます。
このとき、筆のしなりを利用しながら一筆で描いていくのがポイントです。
(2)中心部分を囲うように周りの花びらを描いていきます。
花びら同士がくっつかないよう、隙間を空けて描くようにしましょう。
(3)花びらを何枚か描いたあとは、葉っぱを描いていきます。
色に指定はありませんが、濃い緑色を使用することでよりリアルな葉っぱを描くことができます。

なお、バラの花の色も指定がないので赤のポリッシュに合うカラーを選ぶとよいでしょう。

ハイビスカス

ハイビスカスは5枚の花びらを描くため、フラワーアートのなかでもベーシックな「5枚花」と似ています。ハイビスカスの特徴は、5枚花のようにバランスよく描く必要がなく、花びらの形を崩しても問題ないこと。そのため、「バランスを取るのが難しい」という方でも描きやすくなっています。

ハイビスカスの描き方は以下のとおりです。
(1)黄色を使ってハイビスカスの中心にあたる「柱頭」を描いていきます。
柱頭は、先端に向かって細く描いていくのがポイントです。
(2)ハイビスカスの花を5枚描きます。
花びらは風車の形をイメージし、花びら同士がくっつかないよう描いていくようにしましょう。
(3)最後に葉っぱを描いていきます。

ハイビスカスもバラと同様に色の指定がないので、赤に映えるカラーを選ぶとよいでしょう。

ひまわり

ひまわりは5枚花と同じく、花びらの長さを統一させなくてはなりません。そのため、難易度は少し上がってしまいますが、イエローカラーが赤のポリッシュに映えて華やかな仕上がりになります。

ひまわりの描き方は以下のとおりです。
(1)ブラウンカラーを使って中心部分を描いていきます。
大きすぎると花びらのバランスが悪くなってしまうため、モデルの爪の大きさも踏まえて描くことが大切です。
(2)中心部分に極力はみ出さないよう花びらを描いていきます。
このとき、花びら同士がくっついても問題ありません。
(3)最後に葉っぱを描いていきます。

ひまわりは小さい花びらをたくさん描かなくてはならないため、細めの筆を使用すると描きやすくなります。

アート試験を突破するポイント

アート試験を突破するポイント

ネイル検定3級に合格するためにも、以下のアート試験を突破する3つのポイントを押さえておくようにしましょう。

下地色に負けない色を選ぶ

アート試験では、赤のポリッシュの上にアートを施していくため、「下地色に負けない色を選ぶこと」がポイントです。仮に、赤に近い色や濃い色ばかりを選んでしまうと、きれいに仕上げたアートが暗い印象になってしまいます。そのため、赤に映えやすい白やイエローなど、コントラストを考えて色を使っていくようにしましょう。また、色数が少ないと華やかさが失われてしまうため、3色以上使うのがおすすめです。

爪に対するアート割合

全体的に美しく仕上げるためには、「爪に対するアート割合」も大切になります。たとえば、アートを施す部分が爪の大きさの半分以下だと、質素なイメージになってしまいます。ボリュームが少なく、華やかさも欠けてしまうため、爪に対するアート割合を考慮しながら描いていくようにしましょう。アート試験で緊張し、「思った以上に空いてしまった」という場合は、ラメやラインストーンで華やかさをプラスするのも一案です。

トップコートのタイミング

アート試験を突破するポイントに、「トップコートのタイミング」もあげられます。アートが完成したらトップコートを塗布しますが、アクリル絵の具が乾いていないと崩れてしまう恐れがあります。そのため、乾いてからトップコートを塗布するようにしましょう。乾く間ただ待っているだけでは時間のロスにつながってしまうので、最終確認や修正を行うのがおすすめです。また、ほかの爪から先にトップコートを塗布しておくようにしましょう。

まとめ

ネイル検定3級のアート試験は、基本的な知識や技術が身についていれば決して難易度が高いものではありません。そのため、練習を積み重ねることで合格できる可能性は高いといえるでしょう。ただし、注意しておきたいのがネイル検定は「アート試験だけではない」ということ。ほかにも、実技には事前審査やネイルケア、カラーリングなどもあります。また、筆記試験もあるのでアート試験対策だけを行ってしまうと合格することが難しくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、効率よく学べるネイルスクールです。プロの講師から専門知識と技術を学ぶことができ、不明な点があればすぐに教わることが可能。さらに、講師にアートをチェックしてもらいアドバイスを受けられるので、ネイル検定3級の合格率をグンと高めることができるでしょう。

なお、ネイルスクールはインターネットから簡単に検索・資料請求が行えるため、この機会にチェックしてみてください。

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ