ネイル業界トピックス/ 黒崎えり子ネイルスクール(新宿・名古屋・大阪梅田・横浜)

ネイリストは何歳まで働ける?年代別で一般的な働き方を公開 - 黒崎えり子ネイルスクール(新宿・名古屋・大阪梅田・横浜)

ネイリストは何歳まで働ける?年代別で一般的な働き方を公開

爪をきれいにするネイリストの仕事は、多くの方が憧れる職種のひとつです。そのため、「将来ネイリストになりたい」という方は少なくないでしょう。しかし、ネイリストといえば若い方が多いというイメージがあり、「何歳まで働けるのか」と不安になっている方もいるはずです。

そこで今回は、ネイリストは何歳まで働くことができるのかという疑問に対しての答えや年代別での働き方をご紹介します。また、加齢によって苦労する点やネイルスクールの魅力をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

気になる疑問!ネイリストは何歳まで働くことができる?

ネイリストといえば、「若い方が多い」というイメージを持っている方は少なくないはず。現に、ネイルサロンに足を運んでみると20代や30代の方が多く活躍しています。そのため、ネイリストを目指している方の中には「何歳まで働くことができるのか」と疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。しかし、結論を言うとネイリストに年齢制限はありません。

ネイリストは早ければ10代から働くことができますし、60代以降でも現役で働き続けることができます。自身が希望する年齢までネイリストとして働くことができるので、「いつまで働けるか」を気にする必要はないといえます。

年代別でご紹介!一般的なネイリストの働き方

年代別でご紹介!一般的なネイリストの働き方

ネイリストは、自身の実力や年齢に応じて働き方を自由に変えることができます。そこで、以下では一般的なネイリストの働き方を年代別でご紹介します。

10代〜20代

10代〜20代の主な働き方としては、ネイルサロン勤務が挙げられます。学生のうちに資格を取得して独立開業をする方もいますが、「ネイルサロンに勤務して、まずは経験を積む」という方が少なくないのです。

くわえて、ネイルサロン勤務であれば安定して働くことができます。たとえば、自身のネイルサロンを開業した場合、技術力があっても集客力がないとお客さまに来店してもらえません。これにより、来客がない日は収入を得ることができないのです。一方で、ネイルサロン勤務であれば自身で集客する必要がないので、ネイルに関することにだけ集中することができます。こうした理由により、10代〜20代はネイルサロン勤務を選ぶ方が多いのです。

このほかネイリストは技術職のため、頑張り次第では20代のうちから店長を任せてもらえる可能性もあります。ネイルサロンで知識や技術、経験を積んだあとはネイルスクールの講師として働くこともできるため、プロへの最初の一歩として10代〜20代はネイルサロン勤務が多いのだといえます。

30代〜40代

一方で30代〜40代は独立開業して働く方が少なくありません。なぜなら、20代のときにネイルサロンで経験を積んだ方が、夢である自身のサロンを持つようになるからです。

また、30代〜40代は結婚し子育てをする方も多いもの。ネイルサロンで働くとなると勤務時間の問題が生じてしまうため、正社員として働くのが難しくなってしまいます。アルバイトやパートとしてネイルサロンで働くこともできますが、働きづらさを感じてしまうこともあるでしょう。

その点、独立開業すると自身のライフスタイルに合わせて働くことが可能です。たとえば、自宅をネイルサロンにした場合は、お客さまが来店しない間は家事をすることができます。空いた時間を有効活用できるため、無理なく働き続けることが可能です。

こうした理由により、30代〜40代は独立開業を選ぶ方が多いのです。

ネイリストに「何歳まで」は関係ない!ただし年齢を重ねると苦労することも

繰り返しになりますが、ネイリストに年齢は関係ありません。そのため、何歳まででも働くことができますが、年齢を重ねることによって苦労することもあります。

たとえば、加齢によって苦労することに「体力的にきつい」という点があげられます。
10代や20代のときと比べると、30代以降は体力が低下していきます。施術中はほぼ同じ姿勢で座っていなければならないので、慢性的な腰痛や肩こりに悩まされてしまう方が少なくないのです。

このほか、加齢によって苦労することに「老眼になると細かい作業が難しくなる」という点もあります。
ネイリストは爪の小さな範囲に繊細なアートを施したり、細かなパーツを使用したりします。目を使う仕事のため、老眼になると施術に支障を来してしまいます。これにより、満足に施術が行えないこともあります。

さらに、「トレンドを追うのが大変になる」というのも加齢によって苦労することのひとつです。
最新トレンドをお客さまに提供するのもネイリストの仕事です。そのため、ネイリストは日々トレンドを研究し、技術を磨いていかなければなりません。しかし、年齢を重ねることによって新しいものを覚えにくくなってしまい、苦労するネイリストが少なくないのです。

ネイリストになりたいと思ったらネイルスクールに通うのがおすすめ

ネイリストになりたいと思ったらネイルスクールに通うのがおすすめ

ネイリストは年齢を重ねることによって苦労することもありますが、たとえ遅くても夢を諦める必要はありません。そのため年齢に関係なく、「ネイリストになりたい」と思ったらネイルスクールに通うのがおすすめです。そこで、以下ではネイルスクールに通うメリットをご紹介します。

効率よく学べる

ネイルスクールでは、プロの講師からネイルに関する知識・技術を教わることができます。独学だと、わからないところがあっても誰にも聞けず自身で調べなければなりません。これにより、ネイルの知識を習得するまでに時間がかかってしまいます。

通信の場合は、わからないところがあれば質問したり課題として出されたネイルチップを添削したりしてもらうことは可能です。しかし、返事がくるまでに時間がかかるほか、ネイルチップを作成している最中の技術に関しては見てもらうことができません。これにより、誤った方法で施術をしていても気づくことができないのです。

その点、ネイルスクールは講師が付いて指導してくれるので、わからない点があれば質問してすぐに解決できます。また、技術面に関しても間違いがあればその場で正してもらうこともできるので、ネイルの知識・技術を効率よく学べます。

資格が取得しやすい

ネイルスクールでは、検定試験対策も行っています。たとえば、これまでの検定試験を通してどのような問題が出題されやすいか調べ、そこを重点的に教わることが可能です。すべてを覚えるとなると時間が足りませんが、ある程度山を張ることで試験に出題されそうな部分だけをしっかり習得することができます。

くわえて、ネイルの資格によっては実技もあるため技術力も必要です。ネイルスクールでは、検定試験のルールに則って指導してもらえるので、「どのようなことをしたら減点・失格対象になる」ということも細かく教わることができます。

こうした理由により、ネイルスクールに通うことで資格が取得しやすくなるのです。

コースを選択できる

ネイルスクールでは、目的別のコースを設けています。たとえば、趣味で学びたい方向けのコースや資格取得を目指したい方向けのコース、プロを目指す方向けのコース、開業したい方向けのコースとさまざまです。仮に、開業を目指すのであれば開業したい方向けのコースを選択することでネイルに関する知識・技術を学びながら経営についても学ぶことができます。

黒崎えり子ネイルスクールはこちらからdouble_arrow

まとめ

ネイリストには「何歳まで」という年齢制限がないため、いくつになっても働き続けることが可能です。そのため、「ネイリストになりたいけれどいつまで働けるのかがわからなくて不安」と心配になる必要はありません。
もし、年齢を重ねたときに「ネイルサロン勤務が大変」と感じたときは、自宅をネイルサロンにして働くこともできます。そうすれば、自身のライフスタイルに合わせて好きなときまで働き続けることが可能です。

「ネイリストになりたい」と思ったら夢を諦めず、まずはネイルスクールに通ってみてはいかがでしょうか。

黒崎えり子ネイルスクール 名古屋校・大阪梅田校・横浜校

黒崎えり子ネイルスクール 名古屋校・大阪梅田校・横浜校

黒崎えり子ネイルスクール 名古屋校・大阪梅田校・横浜校

期間:7/17(日)まで

\ 全国6校舎で展開中!! /

黒崎えり子ネイルスクール

kurosaki eriko NAIL SCHOOL

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ