ネイル業界トピックス/ ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

取れないネイルチップの付け方とは?爪を傷めない外し方までご紹介

取れないネイルチップの付け方とは?爪を傷めない外し方までご紹介

「自宅で手軽にネイルできたらよいのに」と考えている方におすすめなのが、ネイルチップです。ネイルチップはすでに完成された素材を自爪に付けることで、簡単に指先をおしゃれに仕上げることができます。

そこで今回はネイルチップの魅力をはじめ、両面テープとネイルグルーを使用するメリット・デメリット、取れにくくする付け方をご紹介します。また、爪を傷めないためのネイルチップの外し方もまとめているので、ぜひご参考にしてください。

まずは押さえておこう!ネイルチップの3つの魅力

ネイルチップとは、爪型をした透明のチップ(素材)にジェルやマニキュアを塗ってデザインを施した付け爪のことです。すでに完成されたものを購入すれば本格的なネイルを楽しめますし、自作することもできます。そこで、以下ではそんなネイルチップの魅力を3つご紹介します。

簡単に爪をおしゃれにできる

ネイルチップは、爪のおしゃれを手軽で簡単に楽しめるアイテムです。「仕事の関係でネイルができない」「ネイルサロンに足を運ぶ時間がない」という方であっても、ネイルチップを装着すれば爪を一気におしゃれにすることができます。

さらに、結婚式やデートなどの特別なシーンでは華やかなデザイン、翌日友達とのお出かけのときにはシンプルなデザインといったようにその日の気分やファッションに合わせて付け替えて楽しむことも可能です。ネイルチップがあれば爪のおしゃれに困ることがなく、かつアクセサリー感覚で楽しめるのは最大の魅力といえるでしょう。

爪の形の悩みを解消できる

爪の形は人によって異なるため、悩みを抱えている方は少なくありません。たとえば、爪の形が全体的に小さく横に広がっていると「ネイルをしてもきれいに見えない」ということも。その点、ネイルチップは好みの形や長さを選ぶことができます。自爪をカバーして理想とする爪の形に仕上げることができるので、悩みを解消し指元のおしゃれを楽しむことが可能です。

コスパに優れている

ネイルチップは、コスパに優れているのも魅力のひとつです。一度使用したネイルチップであっても、きれいな状態で保管しておけば何度でも繰り返し使うことができます。そのため、ネイルをするたびに都度購入する必要がないので、費用を抑えて指元のおしゃれが楽しめます。

ネイルチップの2つの付け方とそれぞれのメリット・デメリット

ネイルチップの2つの付け方とそれぞれのメリット・デメリット

そんなネイルチップの付け方は主に2通りあり、以下にてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

両面テープ

ネイルチップの装着に両面テープを使用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

両面テープは付け外しが容易に行えるので、初めてネイルチップを利用する方であっても簡単にできるのがメリットです。また、両面テープは100円ショップで購入することができ、使い捨てではありますが費用もそこまでかかりません。くわえて、使用済みの両面テープをきれいに剥がせばネイルチップを繰り返し使えるのでコスパに優れています。

デメリット

一方で、両面テープのデメリットには粘着力があげられます。テープなので粘着力はさほど強くなく、自爪に装着したネイルチップをぶつけてしまうと外れてしまう可能性があります。さらに、水にも強くないので手を洗うと外れやすくなってしまうことも。そのため、両面テープを使用する際の取り扱いには注意しなければなりません。仮に、「外出先で外れてしまわないか心配」という場合は、予備の両面テープを持ち歩くのがおすすめです。

ネイルグルー(接着剤)

ネイルグルーを使用するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

ネイルグルーは、両面テープに比べて粘着力に優れています。そのため、自爪に装着したネイルチップをぶつけてしまったとしても簡単に外れてしまう心配がありません。外出先で付け直す必要もほとんどないので、安心して過ごすことができます。

デメリット

一方で、ネイルグルーのデメリットには外す際に手間がかかるという点があげられます。専用のリムーバーが必要になるので、両面テープのように簡単に外すことができません。また、リムーバーを使用するとネイルチップも溶かしてしまうので繰り返し使用することもできなくなってしまいます。無理に剥がそうと自爪を傷つけてしまう可能性もあるので、外す際の扱いには十分に気をつけることが大切です。

ネイルチップを装着する前にやっておくべき下準備

ネイルチップを長持ちさせるためにも、まずは以下の下準備をしっかり行うようにしましょう。

自爪に合うネイルチップを選ぶ

まず、ネイルチップは自爪に合うものを選ぶことが重要です。
ネイルチップの選び方としては、自爪の上にチップを乗せて横幅が合うかチェックします。仮に、横幅が合わない場合は少し大きめのものを選びましょう。

ファイルで削る

次に、自爪の形に合わせるためネイルチップをファイルで削ります。爪の根元部分のカーブと横幅を合わせることができればOKです。そうすることで、ネイルチップが浮いて外れにくくなるだけでなく、まるで自爪のような仕上がりにできます。

爪の汚れ・油分を除去する

自爪に汚れ・油分が付着しているとネイルチップを装着した際に外れやすくなってしまいます。そのため、ネイルチップの装着前に石鹸で手を洗い、しっかり水気を拭き取るようにしましょう。爪を乾かしたらアルコールを使って、爪の表面の油分を拭き取ります。これで下準備は完了です。

両面テープを使った付け方

では、ネイルチップはどのようにして付ければよいのでしょうか。以下では、両面テープを使った付け方をご紹介します。

ネイルチップに両面テープを貼る

まず、ネイルチップの裏面の根元に両面テープを貼り付けます。このとき、両面テープがネイルチップからはみ出てしまったらカットしましょう。

「ネイルチップの密着をさらに持続させたい」という場合は、両面テープを半分にカットして貼り付ける方法もあります。半分にカットした両面テープをネイルチップの端に合わせて貼り付けることで、横に隙間ができてしまうのを防ぐことが可能です。これにより、隙間からのホコリの侵入を防ぎ両面テープの粘着力を維持することができます。

自爪にネイルチップを乗せて押さえる

次に、自爪にネイルチップを乗せます。このとき、根元からカーブに合わせて貼っていくことできれいに貼り付けることが可能です。ネイルチップを爪全体に合わせたら空気を抜きながら押し、密着させていけば完了です。

ネイルグルー(接着剤)を使った付け方

続いて、ネイルグルーを使った付け方をご紹介します。

ネイルグルーを爪に塗布する

まず、ネイルグルーを少量取って爪に塗っていきます。ネイルグルーの量が多いとネイルチップを装着した際にはみ出してきてしまうので、少量ずつ塗っていくのがポイントです。

ネイルチップを置く

ネイルグルーを塗り終わったら、根元のカーブに合わせながらネイルチップを自爪の上に置きます。このとき、両面テープを使った付け方と同様に空気が入らないように注意しましょう。

ネイルグルーを乾かす

ネイルグルーがはみ出した場合は、コットンまたはキッチンペーパーを使って拭き取ります。あとは、1〜2分程度待ったらネイルグルーが乾くのでこれで完成です。

爪を傷めないネイルチップの外し方

爪を傷めないネイルチップの外し方

ネイルチップは、正しい外し方を覚えておかないと爪を傷めてしまう恐れがあります。そのため、以下にて爪を傷めないネイルチップの外し方を押さえておきましょう。

両面テープを使用した際の外し方

両面テープなので「そのまま剥がしてもよいのでは?」と考える方もいますが、無理に剥がすのは望ましくありません。なぜなら、爪は3層構造でできており無理に剥がすと爪の表面の層まで剥がれてしまうからです。そのため、両面テープを使用した際はまず粘着力を弱める必要があるのでお湯を使用します。

お湯を溜めた容器に指先を入れ、1〜2分程度待ちます。両面テープの粘着力が弱まると自爪とネイルチップの間に隙間ができるので、そこにウッドスティックや爪楊枝を差し込み丁寧に剥がしていきます。仮に、1回で剥がれない場合は再度お湯に指先を浸けて、両面テープをふやかしてから行うようにしましょう。

ネイルグルーを使用した際の外し方

ネイルグルーを使用した際は、専用のリムーバーを使ってネイルチップを外していきます。
まず、ネイルチップの隙間にリムーバーを垂らし、1〜2分浸透するのを待ちます。次に、ウッドスティックや爪楊枝を隙間に差し込んで丁寧に剥がしていきます。仮に、剥がれにくい場合は無理に剥がそうとしてはいけません。再度リムーバーを浸透させてからネイルチップを外すようにしましょう。

爪の表面に残ったネイルグルーは、コットンやキッチンペーパーにリムーバーを含ませて落としていきます。落ちにくい場合はネイルファイルで表面を磨いて落としていきましょう。

まとめ

ネイルチップは、手軽で簡単に指先をおしゃれにできる便利なアイテムです。「ネイルをしたいけれどできない」という方であっても取り入れやすいので、日々のおしゃれを楽しむことができます。ただし、ネイルチップを使用する際は正しい付け方と外し方を覚えておかなければなりません。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ試してみてください。

\ 全国6校舎で展開中!! /

黒崎えり子ネイルスクール

kurosaki eriko NAIL SCHOOL

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ