ネイル業界トピックス/ ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

趣味でネイルスクールって通っていい?楽しく学べるスクールの選び方

趣味でネイルスクールって通っていい?楽しく学べるスクールの選び方

身だしなみのひとつとして多くの方に人気を集めている「ネイル」。プロのネイリストとしてではなく、趣味でネイルを学びたいと考えている方も多いのではないでしょうか。ネイルに関する正しい知識・技術を学ぶ方法にはネイルスクールや通信がありますが、「趣味目的でネイルスクールに通えるの?」と疑問に感じている方は少なくありません。

そこで今回は、趣味でもネイルスクールに通えるのかという疑問に関する回答や授業内容、スクールの選び方などについてご紹介します。通信のネイルスクールの相場やメリットとデメリットも解説しているので、ぜひご覧ください。

趣味でネイルスクールって通っていいの?

ネイルスクールといえばプロを目指す方が多く通っているため、「趣味で通ってもいいの?」と疑問に感じる方は少なくありません。結論をいうと、趣味でもネイルスクールに通うことができます。というのも、ネイルスクールはプロを目指す方向けのコースだけではなく、趣味用のコースを用意しているところがほとんどだからです。

たとえば、趣味用のコースには「好きな内容を自由に選んで学べるフリーレッスン」「ネイルの基礎から学べるセルフネイルコース」「ジェルネイルに特化したコース」などが挙げられます。趣味でネイルスクールに通っている方もたくさんいるので、安心して足を運ぶことができます。

ネイルスクールは何が学べる?気になる授業内容

ネイルスクールは何が学べる?気になる授業内容

では、趣味用のコースではどのようなことが学べるでしょうか?
ネイルスクールによって授業内容は異なりますが、基本的にはネイルの基礎となる「ネイルケア」「ネイルアート」が学べます。

具体的には、ネイルケアは爪の形の整え方、道具の使い方、ベース・トップコート(ジェル)をきれいに塗る方法、ジェルやアクリルを自爪にコーティングし爪を補強する技法のフローター、オフのやり方などを学ぶことが可能です。
一方で、ネイルアートではカラーグラデーション、ラメグラデーション、マーブル、ピーコック、フレンチなどが挙げられます。
ほとんどのネイルスクールでは基礎知識が授業に組み込まれているので、「基礎からしっかり学びたい」「セルフでやるとすぐにネイルが剥がれるけど原因がわからない」などの悩みを解決できます。

実際どれくらいで通える?ネイルスクールの相場

趣味でネイルスクールに通うことを考えた際、費用面が気になる方も多いのではないでしょうか?ネイルスクールの費用相場は、「何を学ぶか」「受講期間(時間)」によって変動します。

たとえば、グラデーションやフレンチネイルが学べるセルフジェルネイルコースであれば、1回3時間の授業で費用相場は11,000円程度です。さらに、「ネイルアートをもっと学びたい」という方向けにジェルアートコースを設けているネイルスクールもあり、1回6時間の授業で費用相場は21,000円程度になります。受講期間(時間)が長くなるほど費用相場も高くなっていくので、自身が「何を学びたいか」に合わせて選ぶとよいでしょう。

このほか、ネイルスクールによっては入学金や教材費がかかるところもあるので、前もって確認しておくことが大切です。

安く抑えたい方におすすめ!通信のネイルスクールの相場

費用を安く抑えたい方におすすめなのが、「通信のネイルスクール」です。実際に学校に通って学ぶ通学制とは違い、通信は自宅にいながらネイルについて学べる学習スタイルです。そんな通信のネイルスクールの費用相場は、年間で5万円〜10万円程度。通学制と同じく、学習内容や時間によって費用相場は異なりますが、通信のほうが安く抑えることができます。

通信のネイルスクールのメリットとデメリット

通信のネイルスクールのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット

通信のネイルスクールのメリットには、「費用が抑えられる」という点が挙げられます。先述したように、通学制に比べて通信はリーズナブルな価格でネイルに関する知識・技術を学ぶことが可能です。そのため、費用を抑えたい方にとっては大きなメリットになるといえます。

このほか、通信は「好きな時間に学べる」のもメリットのひとつです。スクーリングでは通う時間が限定されますが、それ以外は家庭学習になるので時間に縛られることがありません。とくに、趣味でネイルを始めたい方のほとんどは仕事をしているケースも少なくないので、隙間時間に学べるのはメリットといえます。

デメリット

一方で、通信のネイルスクールに通うデメリットには「目の前で教えてもらえない」という点が挙げられます。通学制の場合は毎日のようにスクールに通い、プロの講師からしっかりと指導してもらうことが可能です。しかし、通信の場合は基本的にDVDを見ながら学習を進めていくので、その時々で指導してもらうことができません。スクーリングがあれば講師から目の前で教わることはできますが、回数が限られているので通信では技術の習得に時間がかかってしまう可能性があります。

通信のネイルスクールは、「学びたい内容だけが学べない可能性がある」というのもデメリットのひとつです。というのも、通信のネイルスクールは資格取得を目指すコースが多いため、「趣味で習得したいから資格取得に必要な情報までは不要」というケースもあります。たしかに、きれいなネイルを施すには学べる情報が多いに越したことはありませんが、その分費用が高くなってしまうことも。こうした点から、趣味で学びたい方にとっては通信がデメリットになり得る可能性があります。

楽しく通えるネイルスクールの選び方

楽しく通えるネイルスクールの選び方

ネイルスクールに通うなら、長続きできるところを選ばなくてはなりません。そこで、以下ではネイルスクール選びで重視したい主な3つのポイントをご紹介します。

負担なく通える立地にあるか?

ネイルスクールの選び方でチェックしておきたいポイントのひとつが「立地」です。趣味でネイルスクールに通う場合は短期間だけの通学になりますが、負担に感じてしまうと途中で挫折してしまう可能性があります。交通の利便性や通学にかかる時間・費用はモチベーションにも影響してくるので、負担なく通える立地にあるか確認してから選ぶのがおすすめです。

授業の雰囲気と講師は自分に合っていそうか?

ネイルスクール選びで確認したいポイントに「授業の雰囲気と講師は自分に合っているか」という点もあります。ネイルスクールは自身だけでなく、ほかの生徒も通っているので授業の雰囲気を確認することが大切です。たとえば、賑やかなのか、静かで落ち着いた雰囲気なのかによって自身の勉強に対する意欲が左右されます。仮に、静かな雰囲気が自分に適しているのに賑やかな場所を選んでしまうと、モチベーションの低下にも繋がりかねません。こうした事態を防ぐためにも、授業の雰囲気を確認しておくようにしましょう。

このほか、ネイルスクール選びでは講師が自分に合っていそうかもチェックしておくことが大切です。教え方がうまい講師であっても、自分に合う・合わないで知識と技術の身につくスピードは変わってきます。また、質問がしやすい講師であれば不明点はすぐに確認できるので、よりスピーディーに問題を解決し、知識と技術を習得していくことが可能です。このように、授業の雰囲気と講師が自分に合っているかはモチベーションやスキルアップにも影響してくるので、事前に確認しておくようにしましょう。

なお、実際に通わないと授業の雰囲気と講師が自分に合っているかはわかりづらい部分ではありますが、体験レッスンを利用することで見極めることができます。

しっかりと基礎から学べるか?

ネイルスクール選びでは、「しっかりと基礎から学べるか」という点も確認しておくことが必須です。というのも、ネイルは基礎が非常に重要になるため。間違った自己流のやり方ではネイルが剥がれやすかったり、トラブルを引き起こしたりする可能性があるので、基礎からしっかりと学べるネイルスクールを選ぶようにしましょう。

このほか、ネイルスクールの実績も一緒に確認しておくことをおすすめします。たとえば、黒崎えり子ネイルスクールであれば在籍している講師のほとんどがコンテストで輝かしい実績を残しています。また、高い指導実績も誇っているので、安心して通うことができるといえます。

まとめ

ネイルスクールは、プロのネイリストを目指す方だけが通えるわけではありません。「趣味でネイルを学びたい」という方向けのコースを設けているネイルスクールは多いので、どのような目的であれ誰でも気軽に通うことができます。そのため、「趣味でネイルを楽しみたい」という方は今回ご紹介したネイルスクール選びのポイントを参考に、自分に合ったスクールを探してみるとよいでしょう。

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ