ネイル業界トピックス/ ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

ポリッシュネイルとは?ジェルネイルとの違いやグラデーション方法まで紹介

ポリッシュネイルとは?ジェルネイルとの違いやグラデーション方法まで紹介

ネイルに興味がある方なら、「ポリッシュネイル」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?昨今は特殊なライトで硬化させるジェルネイルが主流になりつつありますが、ポリッシュネイルを好んで施術される方も少なくありません。

そこで今回は、ポリッシュネイルとは具体的にどのようなものなのかやジェルネイルとの違い、ポリッシュの種類の使い分けなどをご紹介します。
新しくネイルを始めようと思っている方、次回の新しいネイル方法にお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

ポリッシュネイルとは「マニキュア」との違いって?

誰しもが見聞きしたことのある「マニキュア」というと、爪に色を塗るものを想像しますが、実はマニキュアの正式名称は「ネイルポリッシュ」と言います。

マニキュアとは、色をつける塗料のことを指しがちですが、実際は手に関するお手入れ全般を指す言葉です。爪の甘皮の処理や爪の形を整える、といったところまでマニキュアと呼ぶのが実際には正しい意味です。

一方で、「ポリッシュ」には色をつける、という意味があります。爪に色を塗るお馴染みのアイテムのことは「ネイルポリッシュ」や「ネイルラッカー」という呼称が正しい意味合いとして使用されています。

呼称に違いはあるものの、用途や特徴に違いはありません。そのため、購入する際にボトルにネイルポリッシュやネイルラッカーと記載されていても、同じものということになります。

ポリッシュネイルのメリット

ポリッシュネイルのメリットのひとつが、「手軽さ」です。ライトによる硬化が必要なジェルネイルに比べ、乾燥させて硬化するポリッシュネイルは、施術時間が短くお手軽なのが特徴です。
また、基本的にはジェルネイルは除光液で落とせないので、施術の所要時間、オフの手軽さがポリッシュネイルの最大のメリットであると言えます。

このほか、「リーズナブルな価格で購入できる」という点もポリッシュネイルのメリットのひとつです。ポリッシュネイルは、100円で購入することができるので手軽に手に入りやすく、ランニングコストもさほどかかりません。さらに、ポリッシュネイルはカラーバリエーションも豊富なため、自分好みに合った色をリーズナブルな価格で購入することが可能です。

ポリッシュネイルのデメリット

ポリッシュネイルのデメリットには、「持ちが短い」という点が挙げられます。ジェルネイルは2〜4週間程度きれいな状態をキープしますが、ポリッシュネイルは3日程度で劣化し始めてしまいます。そのため、ポリッシュネイルは短い期間で塗り直しが必要になります。とはいえ、ネイルが好きな方にとっては練習にもなりますし、短期間でさまざまなデザインが楽しめるのでさほどデメリットに感じることはありません。

このほか、「硬化に時間がかかる」という点もデメリットのひとつです。先述したように、ジェルネイルはライトを使用して硬化するため、触ってもよれてしまう心配がありません。しかし、ポリッシュネイルは乾燥させて硬化するので、乾かすまでに時間がかかってしまいます。そのため、塗った直後は触ったり、ぶつけたりしないよう注意が必要です。

ポリッシュネイルとジェルネイルとの違い

ネイルにはいくつかの種類がありますが、なかでも多くの方に人気を集めている「ジェルネイル」。では、ポリッシュネイルとジェルネイルとの違いにはどのようなものがあるのでしょうか?主な違いを4つご紹介します。

1つ目が「仕上がり」です。ポリッシュネイルにもツヤ感はありますが、数日経過すると徐々に色が褪せてしまいます。一方で、ジェルネイルには独特な光沢感があり、ぷっくりツヤツヤな仕上がりになります。

2つ目が「施術」です。ポリッシュネイルは自然乾燥になりますが、ジェルネイルはライトを使って硬化させなければなりません。ジェルを塗ったあとは硬化が必要になるので、施術時間にも違いが表れます。

3つ目が「強度・長さ出し」です。ポリッシュネイルにはあまり強度がなく、長さを出すこともできません。一方で、ジェルネイルは硬化させることで強度を上げることができますし、少しなら長さを出すことも可能です。

4つ目が「落とし方」です。ポリッシュネイルの場合は、基本的に除光液を使ってネイルを落とすことができます。落としたいときに落とせるのが特徴です。その点、ジェルネイルの場合は除光液で落とすことができません。専用の溶剤が必要になり、無理に剥がそうと自爪を傷つけてしまうためネイルサロンでオフする必要があります。

肌色に合わせたカラーの選び方

肌色に合わせたカラーの選び方

ネイルポリッシュのカラーは、肌の色によってそれぞれ似合うものが異なります。そこで、以下にて肌色に合わせたカラーの選び方をご紹介します。自身によく似合うカラーの最適解を見つけ、ぜひ取り入れてみるとよいでしょう。

色白な人におすすめのカラー

肌に青みがかっているのが特徴の色白な方は、主にブルーや水色、ネイビーや青緑などを筆頭とした寒色系がよく似合います。そのため、ブルー系のカラーの中から好みに合う色を選ぶとよいでしょう。そうすることで、しっくりくるぴったりなカラーを選ぶことができるはずです。また、中間色である白や、ベージュなどのカラーも色白な方にはぴったりなため、挑戦したことがない方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

色黒な人におすすめのカラー

肌が少し黄味がかっている方や、小麦色の肌が特徴の色黒な方は、暖かみのある赤やオレンジ、黄色などを筆頭とした暖色系がよく似合います。肌によく映える明るいカラーのため、暖色系のネイルポリッシュを選べば自身にぴったりのものにきっと出会えるはずです。

このほか、中間色である白やブラウンに近いベージュなどのカラーも色黒な方にもおすすめです。

自分に合ったポリッシュの種類を選んで使い分けよう

ネイルポリッシュは、カラーだけでなく透け感やラメ入りなど、さまざまな種類があります。そのため、「好きな色」「好みの見た目」を重視して選ぶこともできますが、ここで注意したいのが「塗りやすさにも関わってくる」ということ。「好みのものを購入したら塗りづらかった」ということにもなりかねないので、自分に合ったポリッシュの種類を選んで使い分けるようにしましょう。

初心者におすすめなカラー

初心者の方におすすめなのが、色ムラや筆跡が出にくいラメ入りの暗めのカラーです。ラメには微粒子から大粒のものまでありますが、ラメがあることによって色ムラが目立ちづらくなります。ラメがはみ出しさえしなければきれいな仕上がりになるため、初心者であっても塗りやすいのが特徴です。

このほか、色は明るいとかえってムラが目立ちやすくなってしまうので、ベージュが好みであればブラウン寄り、パステルカラーならダーク系というように、暗めの色を選ぶとよいでしょう。

中級者やアートをしたい方

少し慣れてきた頃の中級者の方やアートを楽しみたい方には、透明感のある「シアー系」のカラーがおすすめです。シアー系カラーは完全に透明なわけではなく、色づきは薄めになっています。
透け感が出てきれいなのですが、通常のものに比べるとムラが出やすいため、ある程度塗り慣れてきた方にぴったりなカラーです。

上級者はパステルカラーやグラデーションを

上級者には、パステルカラーやグラデーションにトライするのがおすすめです。
パステルカラーは、指先から優しい雰囲気を演出してくれるのが特徴。カラーバリエーションも豊富で、ストーンをあしらうことによって上品な印象に仕上げてくれます。また、グラデーションを施すことによってデザイン性が広がり、自分にぴったり合うおしゃれを楽しむことができます。

セルフでも簡単グラデーションネイルのやり方

セルフでも簡単グラデーションネイルのやり方

難しそうに見えるグラデーションネイル。実はセルフでもやりやすく、簡単かつきれいに仕上がるネイルデザインのひとつです。そこで以下では、初心者の方にもおすすめのグラデーションネイルのやり方をご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

簡単!1色で作るグラデーションネイル

グラデーションネイルは、ネイルポリッシュ1色でも作ることができます。
やり方はとても簡単で、ベースコート、ネイルポリッシュの順に塗って乾かし、爪の中間から先端部分に塗り重ねて乾かします。さらに爪の先端部分に塗り重ねて乾かし、最後にトップコートを塗って完成です。グラデーションネイルを1色で作る場合は、透け感のあるカラーを選ぶことがコツです。

2色でも深みのある凝ったデザインにできるグラデーションネイル

2色を使って作るグラデーションは、1色で作るときより深みがあり凝った仕上がりに見えます。
やり方は、まずベースコートを塗って乾かしたら、ネイルポリッシュ1を爪の根元から中間に塗って乾かします。次に、同じ色を根元だけに塗って乾かし、ネイルポリッシュ2を爪の先端から中間に塗っていきます。乾かしたあとは、ネイルポリッシュ2を今度は先端に塗って乾かします。最後に、トップコートを塗って乾かしたら完成です。

2色を使ったグラデーションを作るコツは、同色系のネイルポリッシュを選ぶこと。それにより、カラーが馴染み、より自然なグラデーションに仕上げることができます。

まとめ

簡単・手軽に始められるポリッシュネイルは、種類や方法を知っていればデザインの幅がグンと広がります。また、昨今はジェルネイルが主流とはいえ、ネイルサロンでポリッシュネイルの施術を受ける方も一定数います。ネイリストを目指す場合はポリッシュネイルもマスターしておく必要があるので、まだ挑戦したことがない方は今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ