ネイル業界トピックス/ ネイル検定や就職、ホームサロン開業や、今のネイルのトレンドまで幅広く配信!

独学でネイリストを目指す!メリット・デメリットと他の学び方との違い

ネイリストになるうえで必要な知識や技術は、独学でも修得できます。そのため専門学校やネイルスクールに通わず、独学で資格取得を目指す方も少なくありません。では、独学で学ぶメリット・デメリットにはどのような点があるのでしょうか?

今回は、独学でネイリストを志す方向けに、そのメリット・デメリットや他の学び方との違いなどについてご紹介します。ぜひご参考ください。

通学の義務はない!独学でもネイリストを目指せる

ネイリストを目指すうえで通学の義務はなく、独学でも十分に知識や技術を身につけることができます。実際に、現役で活躍しているネイリストのなかには独学で学んだのち、お客さまに施術を行っている方もいます。そのため、「出費を抑えつつネイルの知識・技術を学びたい」「自宅で好きな時間に勉強したい」という場合は、独学を選ぶのがおすすめです。

独学でも受験できる?ネイリスト関連の検定・資格

ネイリスト関連の検定・資格は、独学でも受験可能です。代表的な種類には、たとえば「JNECネイリスト技能検定」や「JNAジェルネイル技能検定」があります。これらはプロのネイリストを目指すうえで役立つ検定・資格なので、ぜひ取得を目指してみてください。

JNECネイリスト技能検定

JNECネイリスト技能検定は、ネイリストになるための登竜門といわれている資格です。階級は1級・2級・3級の3つに分かれており、3級に合格すればネイリストとして不可欠な知識・技術を持っていることを証明できます。3級の受験資格は「義務教育を修了していること」なので、独学でも問題なく挑戦できます。

JNAジェルネイル技能検定

JNAジェルネイル技能検定試験は、ジェルネイルに特化した資格です。階級は、初級・中級・上級の3つに分かれています。初級の受験資格は、JNECネイリスト技能検定と同様に「義務教育を修了していること」なので、独学であっても受験することが可能です。

押さえておこう!ネイリストの知識や技術を独学で学ぶメリット・デメリット

ネイリストの知識・技術を独学で学ぶメリット・デメリットは、以下のとおりです。双方の内容を押さえて、自分に合っている勉強法か検討してみましょう。

メリット

独学ならではのメリットには、以下の2つがあげられます。

費用を抑えられる

独学の最大のメリットは「費用を抑えられること」です。たとえば、スクールに通う場合は1年あたり20万円〜100万円ほど、通信講座を利用する場合は1年あたり5万円〜10万円ほどかかるといわれています。これに対し、独学は5万円ほどに抑えることができます。修得したい知識・技術に関する教材や道具の購入費しか発生しないので、必然的に低予算のもと学習を進められるのです。

自分の好きなタイミングに学習できる

独学のメリットには「自分の好きなタイミングに学習できる」という点もあげられます。というのも独学の場合は、当然ですが自分ひとりで勉強に励むことになります。そのため、仕事や家事・育児とのバランスを考慮しつつ、マイペースに知識・技術を修得できるのです。

スクールに通ったり通信講座を利用したりすると、どうしても勉強する時間が制約されてしまいます。そうなると仕事や家事・育児との両立が困難となり、ネイリストとしてのスキルアップがなかなか進まない可能性も。その点、独学は自分のライフスタイルを軸として、自らプランを立てて勉強できるので、生活を乱すこともなければ無理することもなくネイリストを目指せます。

デメリット

独学のデメリットには、以下の2つがあげられます。

直接的な技術指導を受けられない

独学のデメリットは「講師による直接的な技術指導を受けることができない」という点です。独学の場合は、言わずもがな自分ひとりで勉強することになります。そのため、学習するなかで不明点が出てきても自力で解決しなければならず、技術面のスムーズなスキルアップが困難な可能性があるのです。

ただし、だからといってネイリストを目指せないわけではありません。練習を幾度となく重ねることで、着実にプロとして必要な技術を身につけることができます。
独学を選ぶ場合は、講師による技術指導を受けられないという点を踏まえて努力し続けることが大切です。

モチベーションをキープするのが難しい

独学のデメリットにはほかにも「モチベーションをキープするのが難しい」という点があげられます。その理由には、ひとりで黙々と勉強することが関係していると考えられます。親身になってくれる講師、そして切磋琢磨できる仲間を見つけづらいので、心細さを感じてしまい、それがモチベーションの低下につながる恐れがあるのです。

もし、独学をするなかでモチベーションが下がってきていると感じたら、SNSでネイリストを目指す仲間を探したり、友人にネイルモデルを依頼したりするのがおすすめです。孤独感を取り払うことで、モチベーションを回復できる可能性があります。

独学と何が違う?通信講座・スクールについて

ネイリストを目指す方法には、独学以外に通信講座やスクールもあります。では、独学と通信講座・スクールには、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

通信講座

通信講座は、専用の教材を使用して自宅で勉強する方法です。独学と同じく自分の好きな日時に勉強できるので、マイペースに知識・技術を身につけられます。
そんな通信講座と独学の相違点には「講師による間接的な指導の有無」があげられます。独学では自分ひとりで勉強するのが基本ですが、通信講座の場合はメールや電話にて講師へ質問したり添削を依頼したりすることができます。間接的ではあるものの講師とコミュニケーションを取れるので、不明点をスムーズに解決することができます。

スクール

スクールはその名のとおり、ネイル専門の学校に通って勉強する方法です。ネイリストを目指す仲間と切磋琢磨できるので、楽しみながら知識・技術の修得に励めます。
そんなスクールと独学の相違点は「講師による直接的な指導の有無」です。スクールにはネイルに精通した講師が在籍しているため、専門度の高い授業を受けられます。ときには、苦手な部分を重点的に指導してもらうこともできるので、着実にスキルアップを図ることが可能です。

独学と通信教育・スクールには、上記のような違いがあります。それぞれで特徴は異なるので、しっかり比較・検討して自分にあった学び方を選択しましょう。そうすれば、より効率的にネイリストを目指せるはずです。

ひとりだからこそ「いかに努力できるか」がカギになる

自分の好きな時間やタイミングで勉強できる「独学」なら、忙しい日々を送っている方もマイペースにネイリストに必要な知識・技術を修得できます。
ただし、ひとりだからこそ学習が捗らないということもあります。途中でつまずいて挫折してしまうと、ネイリストになる夢はなかなか叶いません。「独学でネイリストになるには、人一倍努力する必要がある」ということを念頭に置き、夢の実現に向かって精進しましょう。

スクール見学会・説明会

資料請求

ページトップ